maxfm102.com

風邪という病気を薬に頼らず治すということ

風邪という病気を薬に頼らず治すということ 病気にかかった時、多くの人がそれに効く薬を飲んで治すと思います。風邪の場合も例外ではなく、むしろ飲んで治すほうが多いと思います。ただ、知っている人は多いと思いますが、風邪をひいて熱が出たときに薬を飲まなくとも治る場合があります。それに頼らずに治したほうがいいと主張する人もいるくらいです。

飲まなくとも自然治癒で治る理由は、人間の発した熱や体の中の組織によって治してくれるからです。そもそも熱が出るのは人間の体に侵入した風邪のウイルスを退治するためです。風邪のウイルスはそのような熱に弱いことが多く、またウイルスが侵入してきたとしても体の中の組織がそれらを撃退してくれるのです。さらにくしゃみや咳が出るというのも侵入してきたウイルスなどを体の外へ追い出すために起こるのです。

薬に頼り過ぎると人間がもともと持っている自然治癒力を下げてしまうことがあるそうです。ですから、このようなものはあくまで補助と考えて、自然治癒で治らない場合に限って飲むのが大切なのです。確かに仕事や学校のテストなどで忙しい人にとっては飲まないと風邪が長引いてしまうという理由から、熱が出たら飲むことが多いと思います。しかし、風邪をひかないようにするためには栄養バランスのとれた食事をしたり、十分な睡眠をとることが大切です。